ハーブケアプランセンター

ご利用者さんとそのご家族のご要望や生活環境をお聞きし、支援度・介護度によりケアプラン(介護支援計画)を作成します。
ご家族も含め、今のご自宅での生活をより快適に過ごせるように、ご一緒に問題を解決していきます。
ケアプランセンターと訪問介護ステーションが併設しているので、困り事や不安なことは、直ぐにお気軽にご相談いただけます。

ケアプラン(介護支援計画)が出来るまで

1.「要支援・要介護認定」の申請

各市区町村の介護保険申請窓口に、要支援・要介護の申請をします。
ご本人やご家族自らの申請も可能ですが、当事業所にお任せいただけます。

2.認定調査

各市区町村職員や市区町村から委託を受けた訪問調査員及び、介護支援専門員が訪問し、心身の状態などを見聞きした調査となります。
また、「 主治医意見書」の作成依頼が行われます。

3.介護認定審査会

介護認定審査会では、保健・医療・福祉に関する専門家が、認定調査の結果と医師の意見書をもとに審査します。

4.審査判定結果

市区町村より、要介護(要支援)認定結果の通知と結果に基づいた新しい被保険者証が申請者に送付されます。
※期間:およそ30 日前後

要介護・要支援認定の種類
要支援 1 生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。
要支援 2 生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。
要介護 1 身の回りの世話に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。
要介護 2 身の回りの世話全般に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。排せつや食事で見守りや手助けが必要。
要介護 3 身の回りの世話や立ち上がりが一人ではできない。排せつ等で全般的な介助が必要。
要介護4 日常生活を営む機能がかなり低下しており、全面的な介助が必要な場合が多い。問題行動や理解低下もあり立ち上がりや歩行などがほとんどできない。
要介護 5 日常生活を営む機能が著しく低下しており、全面的な介助が必要。多くの問題行動や全般的な理解低下もあり意思の疎通が困難。
5.ケアプラン作成

認定された要支援度・要介護度を基に、ご本人、ご家族のご要望をお聞きしてケアプランを作成します。